薄毛

歳を取るごとに身体の悩みは増えていくものですが、中でも特に気になるのは薄毛です。髪の薄さは多くの場合外見上のマイナスになることが多く、対人関係に悪影響を及ぼしかねないのです。
このサイトでは、薄毛による悩みを解消する為の理論や対策・方法などを幅広く紹介していきます。

髪の洗い方

正しい髪の洗い方
髪によい洗髪方法とは?

薄毛対策

生活改善で薄毛対策
食生活などを見つめ直して、薄毛対策!

ハゲに打ち勝つ! 薄毛は絶対怖くない!

人間誰しも、個人差はあるものの歳を取れば身体のあちこちにガタが来るものです。特に老化現象の一つである薄毛は、老化の「ろ」の字も聞こえて来ないような若い世代にも発生する悩みの種です。

過度の飲食が肥満を招くように、薄毛が行き過ぎればやがてハゲを誘発します。現代人の多くは若い身空でハゲに悩まないために、薄毛の段階で対策を講じる必要があるのです。

世代を問わない薄毛

一般的には、薄毛やそれに伴うハゲは「老化によって起こるもの」と考えられ、壮年以上の世代に特有の現象と捉えられています。

しかし薄毛やハゲは10〜20代からの若い年代にも起こります。このような現実と一般的認識のズレは、時に偏見の原因になります。そのため若者の薄毛はからかいと偏見を伴う、強い悩みになってしまうのです。

壮年期を迎えた男性の頭皮が薄くなっている様子。

頭髪が薄くなったことにより、老いの実感が重くのしかかる。

薄毛の悩みを克服するには

髪の毛が薄いということは、多くの場合マイナスのイメージを持っているといえます。「年齢より老けて見える」「好色そうに見える」「とにかくカッコ悪い」など、薄毛・ハゲには色眼鏡で見られる要素が積載量超過に満載されているのです。

逆にコメディアンやタレントの場合、自身の薄毛・ハゲは業界的に言えば「美味しい」ことであるといえます。薄毛というマイナスのイメージをその場を盛り上げる話題やネタに変換できるからです。

しかし一般人の場合、自身の薄毛・ハゲを利用することは簡単ではありません。

顔の造作や話術といった技能や天性がなければ、薄毛のマイナスイメージばかりが先行してしまい、薄毛に悩む人の人格や人間性を否定しかねません。つまり薄毛は、円滑な人間関係を阻害する原因にもなりうるのです。

若年以外の薄毛の実際

薄毛になった壮年以上の男性は、若年層とはまた別の悩みを抱えることになります。老化から来る身体能力の衰えが薄毛・ハゲによる外見の変化と相乗して、「想像以上に老いてしまった自分」への自信を喪失させてしまうのです。

壮年以上の男性が疲労やストレスを抱えて、しょんぼりとした姿で生活しているのはこういった薄毛の持つマイナス要素にも原因があるようです。

薄毛の悩みを克服するには

このように薄毛に伴う悩みや不都合は、日常生活を送る上で大変な障害になりうる可能性をもっています。

薄毛の悩みや不都合を乗り越えて、克服する為には薄毛やハゲを正しい方法で先手を打って予防する、または発毛を促し薄毛をカバーしていくといった対策が大事になってきます。

つまり髪の毛の成長メカニズムに基づいた薄毛の予防・対策を行うことこそが、薄毛の悩み克服の早道なのです。

ストレスフリーのライフスタイルを心がけることが大切。

不規則な生活習慣を見つめ直し薄毛対策してみよう。

コラム・薄毛と武士

明治初頭まで、日本には男性が髷(まげ)を結う習慣がありました。髷はご存知の通り、頭頂部から後頭部、側頭部の髪を伸ばし「月代」と呼ばれる前額から頭頂部までをそり落として結う髪形です。髷を結うには最低でも20cmほどの髪の長さと見合うだけの髪の量が必要になります。

しかし、髪の毛は年を追うごとに薄くなるものです。髷が結えないほどに薄毛になってしまった武士はどうしていたのでしょうか?

答えは「かつらを使う」または「引退する」です。

多くの場合、髷が結えなくなった時点で武士は隠居して家督を子供に譲るのが通例となっていたようです。ただし、隠居するような年齢でない場合や引きとめられた場合などはかつらなどで髪を増量して髷を結い登城することになっていたのです。