フケ・ふけ

イライラする時や考え事をしている時などに、無意識の内に頭を掻く癖を持っている人は少なからず居ると思います。
そうやって頭を掻くと出るフケは、薄毛に大きな影響を与えているのです。フケはどのような物で、どのような条件が揃っている時に出るものなのでしょうか? フケの実態を紹介します。

フケとは何か? 頭の清潔さを保つ為のあれこれを知る!

私たちの日常生活の中で、フケの多い人は不潔な印象で捉えられることがほとんどといえます。フケがひどく目立つ人は、髪がバサバサになっているか脂でべっとりしている場合が多く、フケの白さと相まって清潔感を感じられないからです。フケとは一体どのような物なのでしょうか?

フケの実態

フケとは、漢字では「頭垢」または「雲脂」と書くように頭皮から出る垢の一種です。

身体から出る垢は埃や皮膚からの分泌物の影響で灰色から黒っぽい色合いになっていますが、フケの場合は埃が髪の毛に遮られるため白っぽくなります。多くのフケは頭皮の常在細菌によって分解されてしまうので健康で清潔な頭皮を維持している限り気にならないものなのです。

フケの原因とは

フケを含む身体から出る垢は、新陳代謝による細胞の新生で不要になった皮膚の角質細胞が剥がれ落ちたものです。

結論から言えば、人が生きていることが垢やフケの原因となっています。

つまり根本的なフケの解消法は無い、ということなのです。フケを抑えるためには習慣的な入浴と洗髪が重要といえます。

ふけ(フケ)を完全になくすことは困難。

頭皮を清潔に保つためにも入浴・洗髪は可能な限り習慣づける。

フケの性質

フケの元とも言える頭皮の角質細胞は、毛穴から分泌されている皮脂によって保護されています。しかし、この皮脂がフケの性質に大きく関わってきます。

脂性フケ

頭の毛穴から分泌される皮脂が過剰になると発生するのが脂性フケです。脂性フケは多量の皮脂によって毛穴を目詰まりさせてしまい、抜け毛の原因にもなります。

また、脂性フケが分解されて脂肪酸になると脂漏性皮膚炎を引き起こす場合があります。

乾性フケ

乾性フケは脂性フケとは逆に、皮脂の分泌量が減少することで発生します。その名の通り乾燥してサラサラの粉末状になっているのが特徴です。

乾性フケの場合、頭皮にダメージが見られることが多く、アトピー性皮膚炎などでも発生します。乾性フケは、頭にかゆみを引き起こすことが多く、強く掻きすぎると頭皮に傷が付き乾性拭けを悪化させてしまう事もしばしばあります。

フケが増大する場合とは

フケは健康的に生活していれば気になるほどの量は出ません。しかし、ある条件化においてはフケの量が増大してしまうことがあるのです。

フケの増大に関わるのが、洗髪とカビです。

本来、人間の皮膚は弱酸性に保たれており一種の免疫機構として機能しています。しかし、シャンプーの使いすぎや1日に3〜4回以上というような過剰な洗髪を行うことで、頭皮の弱酸性が洗浄剤によって中和されてしまうのです。

そのため、頭皮に取り付いたカビが増殖しやすい環境が出来てしまい、本来ならば常在細菌が処理するはずのフケも残って量が増大してしまうのです。

フケの抑制には?

フケに悩まされている人の場合、洗髪のやり方を見直すことで大幅に状況を改善することが出来ます。

まず大事なのは「シャンプーの見直し」です。弱酸性シャンプーまたは無添加石鹸のシャンプーに変えるだけでも違いが出てきます。

第二には、「頭皮に負担をかけないように髪を洗うこと」です。

例えば、爪を立ててゴシゴシ洗うと頭皮が傷ついてしまいます。シャンプーをつける前に一度お湯だけで洗うとシャンプーの量が少なくて済みます。

洗い流す時はたっぷりのお湯でかゆみの原因となるシャンプー液や泡が残らないようにします。これらのことに注意することがフケの抑制に繋がるのです。

髪と毛根の仕組みについて、さらに詳しく読みたい