薄毛対策

薄毛は老化に起因するものと、日常生活に起因するものに大きく分類することが出来ます。特に、食生活や生活習慣などの生活内容は薄毛だけでなく生活習慣病の原因ともなりうるのです。
生活内容のどのようなポイントに気をつけていけば薄毛を防止できるのかについて解説します。

髪の毛を労わる生活習慣を知ろう

若いうちの薄毛は遺伝に影響される部分がありますが、多くの場合生活習慣の乱れや生活内容に左右されているといえます。どのような生活が髪の健康に悪く、どのように生活改善すれば薄毛を防止できるのでしょうか?

不規則な睡眠の影響

睡眠は、人間を含む全ての動物にとって重要な欲求に基づく習慣です。夜眠っている間、身体が体内時計の定めたスケジュールに従って細胞の新生や記憶の処理などが行われ、最高の状態で明日を迎えられるように働くのです。

しかし、職業の都合などから昼夜逆転の習慣がある人も多く、髪に良くない時間に眠らなければならないケースもあるのです。

食生活の影響

食事は睡眠と並ぶ、生きていく上で欠かすことの出来ない習慣の一つです。

しかし、「食費を抑えるため」「好きなものだけ食べたい」などの理由で栄養のバランスを無視した食生活を送る人も少なくありません。食生活の偏りは身体が本当に必要としている栄養素を不足させてしまいます。

趣向の影響

成人した男性と女性は、飲酒や喫煙などの習慣を持っていることが多いといえます。

しかし、タバコに含まれるニコチンやアルコールは血行不良の原因になります。そのため頭皮への血流が阻害され、髪の発育に悪影響を及ぼし抜け毛を増加させてしまうのです。

運動不足の影響

デスクワークなどで運動不足を痛感している人には、抜け毛が多くみられがちです。

これは、血液中の脂肪分が運動で消費されない為に血管の詰まりを起こして、血流量が減少してしまうことが原因となっています。

血液中の脂肪は運動をすることで消費される性質を持っているので、運動不足が続くと血管内に蓄積されてしまうのです。

何を改善していけばいいのか?

生活内容や習慣は、髪の毛を含む健康に深く関わりがあるものです。だからこそ、出来る限り生活改善を行って身体の健康を維持することが薄毛対策に繋がります。どのような点に注意して改善を行えばいいのでしょうか?

好き嫌いをなくし、肉/野菜/魚など偏りのないバランスのある3食を心がけよう。

ビジネス上の付き合いもあると思うが何事もほどほどにしておくことが大切である。

成長ホルモン分泌時間を逃すな!

睡眠を取ることには脳を休める働きと、身体の細胞を新生させる働きがあります。髪の毛などの細胞新生に関わる成長ホルモンは、深夜0時から午前2時の間にかけて分泌される性質があります。

あまり夜更かしせずにこの時間の間に睡眠を取ることが育毛にとっても大事なことです。

髪に優しい食事バランスを考える!

髪に必要な栄養素の中でも亜鉛などのミネラルやビタミンEは、偏食していると不足しがちになりやすい栄養です。

サプリメントで不足した栄養分を補給するのも手ですが、消化器官の健康を考えると必要な栄養素を食べ物から摂取するのが大事です。

出来合いの惣菜やお弁当は便利ですが、自分に必要な栄養を充分に摂取したいのであれば自分で作るようにしましょう。

禁酒・禁煙で健康維持!

酒やタバコなどの嗜好品は、長期的に健康を害する性質を持っている上に、髪の毛に甚大な影響を及ぼしてしまいます。薄毛を予防する上では完全に断ってしまうか、摂取量を控えていくのが最善です。

簡単な運動で抜け毛防止!

抜け毛や肥満の原因ともなる運動不足には毎日の運動で解消することが出来ます。

通勤は一駅早く降りて歩く、家では階段や段差を利用しての踏み台昇降運動、庭で縄跳びと、ちょっとした工夫で様々な運動を行うことが出来ます。

運動することによって、血液中のコレステロールが減少して血行が良くなり健康維持に効果が期待できます。

薄毛対策について、さらに詳しく読みたい