現代社会において薄毛・ハゲを含む髪の毛に関するトラブルには、多くの情報が迷走しているといえます。不確実な情報に踊らされて抜け毛を促進してしまう人も少なからずいます。
ここでは、さまざまな薄毛に関する原因や対処などについての情報をQ&A形式で解説していきます。

薄毛の疑問をスッキリ解決! 髪の毛Q&A

情報化社会と言われる現代においても、髪の毛に関する正しい知識や情報というものは確実に敷衍しているとは言い難い状況にあります。昔からの言い伝えや科学的な事実の正否など有益な情報を紹介します。

脱色・ヘアマニキュア・ヘアカラーは薄毛になる?

髪の色合いを変えるブリーチ・ヘアマニキュア・ヘアカラーは女性だけでなく男性にも広まり、一般的なファッションのひとつとなっています。

しかし、脱色・染色は髪の健康に良いといえるものではありません。髪の色を変える過程で表面のトリートメントが破壊され、抜け毛を起こしやすくなってしまうのです。髪の染色・脱色を行った場合は、念入りなヘアケアを行う必要があります。

朝シャンは抜け毛を招く?

1980年代後半、朝に髪を洗う「朝シャン」という習慣が10代の女性を中心に流行しました。この朝シャンの一大ブームは、数年で抜け毛を招くとして終息に向かっていきました。

朝の目が覚めていない時間にシャワーを浴びることは覚醒を促進させますが、シャンプーの泡を充分に落としきれないことが多いのです。

また、泡を完全に落としきらない状態で髪を乾かして香りを残すことも朝シャンと同時に流行した為、頭皮が洗浄成分で荒れて抜け毛を引き起こしたとも考えられています。

自然に起こる抜け毛は何本出る?

髪の成長サイクルの関係で抜け毛が発生するものですが、どれだけの本数が抜けていくのでしょうか?

成人男性の場合、自然な抜け毛は約70~100本で女性は約50~80本ほどといわれています。

女性の場合、女性ホルモンが抜け毛を抑えるように働くため男性よりも髪が伸びやすく自然な抜け毛が少ないのです。また、この本数は個人差や髪・頭皮の状況によって増減します。

髪の細さは抜け毛に繋がる?

髪の毛の太さは個人差があり、平均して0.05mm〜0.15mmの範囲内に収まります。髪が細い人ほど抜け毛になりやすいのかというと、そういうことは無いようです。毛根が成長期にある限り、頭皮に強く根を張って抜けにくくなっているのです。

また、髪の強度は男性よりも髪の毛が細くなる傾向にある女性のほうが高く、束ねれば鋼鉄製のワイヤーに匹敵するといわれています。

ハゲの遺伝の割合は?

親からの遺伝は、頭の良さや運動神経などのプラスになるものであれば諸手を挙げて大歓迎ですが、ハゲ・薄毛をはじめとするマイナスのものは出来れば遺伝したくないものです。髪の毛に関わる遺伝はどの程度発現するものなのでしょうか?

親からの遺伝についての法則であるメンデルの法則では、発現しやすい遺伝と発現しにくい遺伝の割合は3:1とされています。

つまり、ハゲ・薄毛の遺伝する確率は最低でも25%前後あるということが言えます。もっともハゲ・薄毛には遺伝のような先天的な要因だけでなく、生活内容などの後天的な要因も絡んでくるので可能性が低いと楽観視できないといえます。

水泳はハゲを促進させる?

全身運動である水泳は、ダイエットに効果の高い運動であるといえます。しかし、その一方で髪に大きな負担を与える性質があることも確かなのです。

海水に含まれる塩分、プールの塩素は髪のタンパク質に吸着してキューティクルを壊し脱色させてしまう作用があるのです。

泳いだ後にシャワーを浴びるのは、塩分や塩素を洗い流して髪や肌を守るためなのです。海やプールから上がった後は洗眼と合わせてしっかりシャワーを浴びるようにしましょう。

育毛ブラシで叩くと生える?

一昔前のテレビドラマなどでは、育毛剤を念入りに擦り込んだ頭皮を育毛ブラシで親の仇のように叩いて育毛に励む場面が散見されたものですが、このような育毛法は本当に効果があったのでしょうか?

一見すると、適度な刺激が頭を保護する髪の発毛を促進するように思えますが、実際には角質層が厚くなり頭皮が硬くなるのが先です。そのため毛穴が狭まり、髪の健康的な成長が望めなくなってしまい薄毛の原因になってしまうのです。

出産後の脱毛は何故起こるの?

妊娠・出産という新しい生命を生み出す力は女性のみに与えられたものですが、時に抜け毛を引き起こします。

これは、妊娠中は女性ホルモンの分泌量が変化して身体を胎内で赤ちゃんを育てる為に最適化するように働いていることが原因となっています。

女性ホルモンは髪の毛の成長サイクルに大きく影響し、妊娠中の毛根は全て成長期で維持されることになります。出産を終えるとホルモン分泌量が正常化するため、塞き止められていた成長サイクルも正常化し、抜け毛が大量に発生することになるのです。